暇を持て余した専業主婦のMな性癖

Mなプレイをしたいのにそれを相手に伝えることができずセックスを心の底から楽しむことがあまりできなかった私が自分の欲望に正直になることができ、また相手もそれを受け入れてくれることで性に開放的になることができた。

既婚女性が出会い系サイトを利用したきっかけ

結婚をした当初は仕事をしていましたが、夫の仕事の都合で転勤することになり、わたしは仕事を辞めて専業主婦になりました。

引っ越しも終わり、家のことが一通り落ち着いたらすぐに仕事をはじめるつもりでしたが、つい新居でダラダラと過ごしてしまいなかなか仕事をはじめることごできませんでした。

とはいっても引っ越し先には友達もおらず、暇を持て余した結果出会い系サイトを利用するようになりました。

既婚女性が出会うことのできた相手の年齢、容姿(顔、体つき)

当時わたしが32歳で相手の方は少し年上の36歳でした。

わたしたち夫婦は夫が自分より年下なので、年上の男性というだけで非常に魅力を感じました。

仕事の疲れが顔に出ていましたが、塩顔の今時っぽい顔をしたサラリーマンでした。

身長は176センチと言っていました。

痩せ型でスーツがよく似合っていましたが、脱ぐと意外とお腹に脂肪がついていて年相応の体型をしていました。

出会い系サイト内、でのメッセージのやりとりの様子、出会うまでの過程

出会い系サイトを利用するのがはじめてだったので、最初はかなり警戒していたのですが、相手の方は慣れているようでたくさん話を振ってくれました。

はじめは何気ない話題が多くて全くエッチな話はしなかったのですが、メッセージのやりとりをはじめて2週間ほど経ったころから「胸は何カップ?」「お尻は大きい?」「普段どんな下着つけてるの?」「SとMならどっち?」などそういったエッチなことを聞かれるようになりました。

そういうことを聞かれるとだんだんいやらしい気持ちになってきて、この人と会ってセックスをしたいなと思うようになりました。

「会いませんか?」と送ったのはわたしの方からです。

もうメッセージだけでは満足できなくなっていました。

出会い系サイトを利用利用して男性と会った場所と、ホテルでのプレイとは?

初めて会った場所は、お互いの家からちょうど行きやすい場所にあるホテルでした。

ホテルといってもラブホテルではなく普通のホテルです。

わたしは引っ越してきたばかりで知り合いもいないので人目を気にすることなく堂々と会うことができました。

ちなみにその日は夫は出張だったので帰る時間を気にする必要もありませんでした。

ホテル内のレストランで待ち合わせをし、軽く軽食をとりながら談笑をしました。

その後部屋へ。

出会い系サイトのメッセージでSかMかを聞かれた時、わたしはMと答えていました。

相手の方は「僕はいじめるのが好きだから相性がいいんじゃないかな」と言っていたので期待が高まっていました。

ホテルに着くと相手の方(以下Sさんと呼びます)は窓のカーテンを開けました。

「服を脱いでもらっていいですか」と言われて、着ていたワンピースをゆっくりと脱ぎました。

下着姿になったわたしにSさんはゆっくりと近づいてキスをしてくれました。

キスをされながら窓際のベッドに誘導され誰かに見られたらどうしようという羞恥心からとても興奮しました。

ブラから胸を出されまだ触られてもないのに乳首はぷっくりとしていて恥ずかしかったです。

大きな手で胸を優しく包み込まれながら耳を舐められました。指先で乳輪のまわりをくるくるされたりカリカリされるたびに「あっ…あっ…」と声が漏れました。

「どこをどう触ってほしいのか言って」と言われたので「あぁっ乳首を、指で優しくコリコリされたりです…」と言いました。

Sさんの指先が乳首にそっと触れた瞬間、体がのけぞりました。

くいっくいっと指先で乳首を押し上げたり、手のひらで乳首をころころさせてみたり、またしばらく乳首には触れてくれず乳輪をくるくるとしてわたしの乳房をたくさんいじめてくれました。

「あっあっあっ乳首が、こすれてきもちいいです」というと「じゃあもっと気持ちよくなりましょう」と言われ突然Sさんのモノが中に入ってきました。

Sさんはぐっぐっと中を圧迫しながら乳首をくりくりとつねってきました。

頭が真っ白になりガクガクと震えながらわたしはイってしまいました。

イった後も容赦なくSさんに突かれ、その体位を変えながらSさんも3回イきました。

同じような体験をしたい方へ、出会い系を利用した先輩からのアドバイス

夫婦の営みってマンネリになりがちです。

本当はオモチャを使ってみたいとか、SMプレイをしてみたいとか、人に見られるかもしれない場所でしてみたいとか、パートナーだからこそ言えない性癖もたくさんあると思います。

出会い系サイトではそういうことをしてくれる人と出会える場所だとわたしら思います。

なのでメッセージはたくさんして相手のことを知ること。自分のことを受け入れてくれる人か、自分勝手なプレイをしたい人なのかを見極める必要があります。

簡単な話をするなら、あなたがMなら相手の男性にSの方を選ぶということです。

お互いがどういう性癖でどういうことをしたいのか、自分と合う男性を妥協せず見つけることが大事ではないでしょうか。