セックスレス人妻とエッチ体験

出会い系サイトを利用する前は人妻=既に誰かと結婚している女性や年齢が高いという概念があり、恋愛においてもまた視聴するアダルト動画も避けるジャンルでした。

しかし、同僚から人妻だとこっとも相手も割り切っての付き合いが出来ると聞いて実際に出会ってから人妻はありだなと感じました。

男性が出会い系サイトを使用したきっかけとは?

同僚から人妻との割り切った関係の体験を聞き、人妻に興味を持ちました。

自分の周りの人妻と言えば職場のバートさんや子供送迎で顔見知りになったお母さんたち。

さすがに関係を持った後に周りにバレた時にマズいなと思い出会い系サイトを通じて知り合う手段を選びました。

女性の方も知っている人よりも全く見ず知らずの人の方が、身内にバレる心配が無いようなので利用している人が多いみたいです。

男性が出会うことのできた既婚女性の年齢、容姿などを具体的にご紹介します!

出会い系サイトを通じて会うことが出来た人妻は、29歳で子供が1人いる朋子さんでした。

顔は、佐野ひなこに似ている感じで年齢の割には幼く見えるので結婚している事や子供がいることを言わなければ女子大生か新卒の社会人でも全然イケる感じでした。

身長は、140センチ代の小柄な感じで胸はDカップ。

子供を生む前はFカップあったそうなので。もう少し早く出会えていたらFカップを堪能出来たんじゃないかなーって思いました。

Dカップの柔らかい美乳でしたので十分堪能が出来ました。

出会い系サイト内でのメッセージのやりとりの様子、出会うまでの過程

出会い系サイトの掲示板を新着順から閲覧していって自分と気が合いそうだなって思った女性に対してメッセを送りました。

その中で一番早くメッセの返信が来たのが朋子でした。

子供同士の年齢が近く「●●って番組見てますか?」って聞くと「子供と一緒にハマってます」って返事があり、共通になる話題があったので、レスポンスも良くて最初は敬語だった文章も徐々にタメ口になり距離が近くなった感じになりました。

そこで、LINEの連絡先を交換してのメッセのやり取りとなりました。

その中で、僕が自分は出会い系を始めた理由が嫁とレス状態で、嫁に求めても拒否される状態だから始めたと打ち明けると朋子も旦那さんとレス状態らしく旦那さんから拒否されての事でした。

同じ悩みを抱えていたので、気分転換にご飯だけでもどう?って誘ってみると子供の迎えの時間までならとの事だったのでランチデートをするアポを取ることが出来ました。

男性が既婚女性(人妻)と出会った場所と、ホテルでのプレイ、体験談を公開!

アポイントが取れた朋子とは上野で会うことになりました。

自宅の最寄り駅だと知り合いに見られるとっていうのがお互いあったので、朋子と自宅と僕の職場の丁度良いくらいの場所にあった上野を選びました。

待ち合わせをした改札にいた智子は、佐野ひなこ似で人妻には全然見えない感じの女性でした。

お互い初めましての挨拶を簡単に済ませて、駅近くにあるカフェに入ってランチをすることになりました。

嫁や旦那以外とこうやってご飯食べるのって凄く久々で何か照れるねと最初のウチは恥ずかしさがありましたが、頼んだ料理が来て食べながら話していくうちに緊張も解れて会話も弾んできました。

会話しながら時折笑顔を見せてくれる朋子を見ているうちに何でこんなに可愛いのにエッチ拒否するんだろ、旦那さん贅沢過ぎるだろって思っちゃいました。

ランチを終えて歩きながら

「こんだけ可愛いのにエッチ拒否するのが納得いかないなー」

なんて話してると

「魅力ないのかなー」

って少し悲し気な顔をしたので

「全然イケる」

って返事をして逆に僕は嫁から拒否されてるので

「魅力ないですか?」

って聞くと

「優しそうだしアリです」

って返事があったので

「じゃぁチョットだけ行きましょうか。無理になったら出れば良いし」

と話してホテルへ入りました。

ホテルの部屋に入ってもお互い少し緊張してましたので、途中のコンビニで買ったお茶を飲みあった後に頭を撫でながらキスをすると恥ずかしそうな顔して僕を見てきます。

メッチャ可愛いと再びキスをすると朋子からもキスをしてくれました。

朋子を服を脱がして露になったオッパイを触ると恥ずかしいと言いながら「んっ」と小さい声を出して感じていました。

「脱いで」と言われて僕も着ていた服を脱ぐと硬くなったチンコを上下に動かしながら乳首を舐めてくれます。

「あっ」と思わず声を出すと「んふふ」と笑いながら乳首を攻めてくれました。

勃起したチンコを朋子の顔に近づけて「フェラして欲しいな」と伝えると「上手に出来るかな~」なんて言いながら咥えてくれました。

「メッチャ気持ちイイ」チンコを咥えながら悪戯っぽい笑顔をしながら僕を見てきます。

「凄く硬くなってる」「うん、エッチしたい」黙って頷く朋子にゴムを付けたチンコを正常位で挿入しました。

「ハァハァ、久々のエッチだからヤバい」

「朋子の中すごく締まってるから気持ちイイ」

「おっきいから声出ちゃう」

僕が腰を動かす度にエッチな喘ぎ声を出して朋子は感じました。

僕がクリを弄りながら奥の方まで挿入していると

「あっコレ、ダメ。逝っちゃう」

と体をビクビクさせて朋子は逝っちゃいました。

「逝っちゃったの?」

恥ずかしそうに頷く朋子を僕の上に跨らせて騎乗位エッチを始めると

「今度は私が…」と言いながら腰を動かしてくれます。

「ちょっとコレ、ヤバいかも」

あまりの気持ち良さにゴムを付けていましたが朋子の中で絶頂を迎えてしまいました

男性は、人妻と出会いたいときはこんな風に考えている!

エッチを終えた後で朋子と

「エッチしちゃったね」

「うん」

「気持ち良かった」

「うん」

「また、会いたいな」

「私も」

とお互いセックスレスだったのがきっかけで出会い系を始めたので、エッチの相性が良かったのか寂しさを埋めてくれる相手が見つかったからなのか継続的にあってエッチするセフレな関係になりました。

会うと言っても子供を幼稚園に預けている時間と僕が営業で外回りに出れるタイミングが合えばなのですが。

と、言う訳で人妻でもセックスレスに悩んでいて旦那以外との相手とエッチすることに興味があり出会い系サイトに登録している女性もいるのでメッセ時のやり取りの中で相手から誘って欲しいというメッセージを汲み取れればエッチまで持って行けると思っています。

エッチをしたいと思っていても、自分から誘うのは抵抗がありますし誘われてけど断れなかったからという理由が出来るので、向こうからの誘いを待つのではなくこちらからのアプローチをすることでエッチへの流れが作れる筈です。