今の時代は在宅ワークでしょ?!現役チャットレディがぶっちゃけるメリットデメリット

私は、ごく普通の関東に住む30代既婚女性です。

私はライブチャットで収入を得ています。

独身のOL時代から副業でチャットレディをしていました。

独身時代の私は、1人暮らしをしていたので、家賃や生活費等を支払うと自分のお給料がほとんど手元に残らず…自由に使えるお金がほとんどありませんでした。

そんな時にチャットレディを知り、月に1万円でも稼げたら好きな服も買えるかなぐらいの気持ちで始めたのがきっかけです。

現在は会社勤めはしておらず、主婦の傍ら在宅でチャットレディをこっそりしていますが、少なくとも家にいながらパート代くらいは稼げています。

今回はチャットレディを始めて私が感じたメリット、デメリットをお伝えしたいと思います。

チャットレディを始めて変化した私の私生活とは?

チャットレディを始めたばかりの頃は、正直どんなことを、どこまでしていいものか分からない状況でした。

アダルトなパフォーマンスには抵抗がなかったので、その面では良かったのですが…上手く男性に映るような見せ方に苦労した記憶があります。

チャットレディについてネットで調べてみても、今ほど情報もなく手探りのような感じでした。

そこで思いついたのがAV鑑賞をすることでした。

上手く映るアングルや、女優さんの声の出し方など…こうすれば男性って興奮するんだ!と勉強しました。

男女で興奮するポイントって本当に違うんだなぁと気付かされたのはAVです。

ちょっと大袈裟かな?ってぐらいは男性は興奮するし、下着1枚変えるだけでも印象も全く違うし奥深さを知りました。

今までは、ラブホテルに行った時ぐらいしか観ることのなかったAVですが、生活の一部になりつつありました。

1人暮らしだったのでAV見放題な環境だったのもありますけど…私の原点なので、今でもたまにイヤホン付けて音漏れしてないか注意しながら鑑賞しています(笑)

チャットレディのメリットは?

①在宅で仕事が出来る

なんと言っても1番のメリットはこれだと思います。

通勤や勤務時間の拘束がないことが最大のメリットだと私は感じています。

一般的な会社員だと朝の9時から18時までのような時間帯でお仕事をされていますよね?

チャットレディは自分の稼働可能な時間にお仕事が出来るので、早朝でも深夜でもオッケーです。

もちろん会社員と違って労働時間の決まりもないので、例えば1時間しか稼働しない日もあれば15時間稼働する日があっても良いんです。

②やればやるほど報酬アップ

稼働時間を増やせば増やすほど自分の報酬がアップします。

もちろん待機だけでは報酬は得られませんが、男性と会話したりメールすればするほど稼げるので止め際が分からないこともあります。

某サイトのチャットレディさんは月に100万円稼いだり夢のあるお仕事だと思います。

もちろん私は稼働時間もそんなに確保できていないので大した額ではないですが、頑張った月は会社員時代と変わらない報酬額でした。

自分次第で稼げるのが魅力的だと思います。

③ながら稼働が可能

これはビデオ通話中は無理なんですが、音声通話なら家事など他のことをしながらでも可能です。

私は音声通話は、音の出ない家事をしながら稼働することもあります。

例えば掃除機とか洗い物ガシャガシャしながらはさすがに相手にも失礼なのでしませんが、洗濯物を畳んだりとかは出来ちゃいますよ!

常連さんで普通の会話(ノンアダルト)でお話する方がいるんですが、その方は家事しながらで良いよと言ってくれる人もいます。

時間を効率よく使える主婦にはピッタリだと思います。

チャットレディのデメリットは?

①家族や周囲の人に仕事内容を言いにくい

これは私が1番苦労していることなのですが、私は家族にチャットレディをしていることを伝えていません。

もちろん恥ずかしい仕事だと思っているわけではないですが、他の男性と話をして収入を得ていると言うのはあまりよく思われないのかなと勝手に判断している現状です。

仕事何してるの?とか詮索されると正直ちょっと困ってしまいます。

家族に仕事内容を伝えないということは、基本的に家族のいる時間は稼働しにくくなります。

さすがに旦那さんもいて、他の男性と話をする(ましてやアダルトなパフォーマンスをする)なんてなかなか難しいですよね。

②確定申告が必要になる場合がある

人により金額は異なりますが、一定額以上の収入を得ると確定申告が必要になります。

給与所得者や個人事業主、旦那さんの扶養に入っている人等いると思いますので、まずは自分が確定申告の対象なのか確認が必要です。

もしも確定申告が必要になる場合は、書類の作成等の手間もかかります。

確定申告の経験のある方や、税や簿記等の知識のある方にはデメリットにはならないかもしれません。

③アダルトな内容を求められることが多い

基本的に男性からの要望はアダルトな内容ばかりです。

男性の性器をビデオ通話越しに見なくてはならないこともあります。

お仕事とはいえ、見たくないものを見ないといけないのは苦痛になることもあります。

オナニーを見せてと要望があれば、気持ちよく感じているフリをしないといけないし精神的、肉体的なストレスを感じてしまう場合もあります。

アダルトパフォーマンスなしでもチャットレディは利用出来ますが、需要を考えると外せないのかなとも思います。

まとめ

メリット、デメリットを比較してみていかがでしたか?

個人的にはメリットの方が多く感じられるので、私は現在もチャットレディとして働いています。

世の中、デメリットのない仕事ってないと思いますし、自分に合う働き方であればそれがベストなのではないかと私は思います。

私は、「家で家事や子育てをしつつも、お金が欲しい」という理想が叶う仕事に出会えて満足しています。

もちろん旦那には内緒だし、いつまで続けられるかは分かりませんが…(汗)

パートなど外に働きに出たとしても、副業としても働けちゃうので私にとってはやめられない仕事になりそうです。